塾の選び方|正しい塾選びをきちんと知り子どもにやさしい学習を!

正しい塾選びに必要なことは

大手の塾だから安心、信頼できるという考え方だけでは、子どもの成績向上に結び付くとは限りません。正しい塾選とは塾の指導内容・形態をよく理解しておくことです。それが子どもに合った塾に巡り合わせる第一歩です。

親が個別指導塾に求めること

no.1

とにかく成績を上げてほしい

子どもの成績が看過できないほど下がった、勉強のさせ方がわからない、という理由から入塾を希望する親は多いものです。中でもマンツーマンの個別指導なら確実に成績向上に結び付くと考えられているようです。

no.2

集団指導塾が合わなかった

もともと学習塾に通わせていたけど、「成績向上が見られない」「子どもの学習スタイルに合っていない」などの理由で挫折することもあります。集団指導塾から個別指導を実践している塾に変える、というケースも多いものです。

no.3

子どもに勉強する習慣をつけてほしい

子どもの勉強意欲が低いという理由から個別指導を選ぶとい場合も多いものです。マンツーマンの学習スタイルを機に勉強するクセをつけさせようと考えられているようです。

no.4

受験対策のサポートを徹底的に行ってほしい

普段から自主的に勉強する生徒であっても受験の対策は容易ではなく、進路や受験内容によって効果的な勉強法は異なるものです。自由度の高い個別指導で子どもの受験対策に絞ったサポートを求めて、個別指導を選ぶことも多いようですね。

no.5

教科ごとのばらつきをなくしてほしい

好きな教科は好成績だけど苦手科目の成績が気になるという理由で入塾することもあります。しかし、得意科目と苦手科目との理解度の格差が大きすぎる場合、総合成績で授業設定をする集団指導塾ではカバーしづらいものです。そういった理由から個別指導式の塾を希望する場合もあります。

塾の選び方

勉強する女生徒

集団と個別指導の違いは何か?

子どもによってベストな学習環境は十人十色です。一人だと孤独感を感じてしまい学習意欲に結び付かないような子なら集団指導、内向的で他人に比べられるのが苦手に感じる子には個人指導、と子どもに合った指導方式を選びましょう。

受験対策をしたいなら集団?個人?

受験対策の一環として塾を選ぶがあります。しかし子どもの普段の学習スタイルに合わない勉強法をさせてしまうとかえって成績を下げてしまう事態になりかねません。自分に合った勉強方法を実践しやすいよう、しっかり選んでおきましょう。

個別指導が向いている場合

主に内向的な子どもは自発的に質問する、集団の中で発言することが苦手なので個別指導がおすすめです。また得意不得意科目の成績にむらがある場合、授業数や教科ごと難易度が固定されている集団指導には向きません。

個別指導が向かない場合

コミュニケーションが盛んな大阪の子によくみられるのが、一人だと勉強意欲が落ちるという場合です。一人で集中するより仲間と切磋琢磨しながら実力を発揮する子もいるので、このような子は個別指導には向きません。

なぜ塾に通わせるのか?

受験や学校の成績を上げるために必要なのは効率的で効果的な学習環境です。どんなに意欲的に勉強していても一人では限界があります。塾はそういった要素を補うため、または効果的な勉強法を身につかせる場として利用されます。

個別指導ならではの塾選び

女生徒

習いごととは何?

子どもにどんなことをさせたいのか、子どもに学ばせたいこととは何なのか?何を基準に選ばせているのかをランキング形式で知ることができます。また、数ある習いごとの中で学習塾がどんな立ち位置なのかもランキングからみていきましょう。

READ MORE
勉強する女生徒

塾の選び方

塾選びのおススメ!どんな子に個別指導が合うのか、逆にこんな子には個別指導が合わないなどの傾向を紹介をしていきます。どんな基準で塾を選んでいるのか?塾に求めるのはどんなことなのか?もランキング形式で知ることができます。

READ MORE
勉強

中学生の個別指導

中学生ならではの個別指導に求めること、身に着けたい勉強法はなんなのか?などの中学の学習の基礎などを紹介していくページです。勉強も部活も諦めたくない人にこそ個別指導塾を!こちら記事を参考に塾選びの基準にしていただければ幸いです。

READ MORE
学生

高校生の個別指導

進路の決め手に個別指導!得意を伸ばしてやりたいことを見つけていきましょう。より専門性が高まったことで中学とは違った勉強姿勢が不可欠です、個別指導では自由度が高いという長所を最大限活用してベストな勉強法を模索していけます。

READ MORE
広告募集中